肌トラブルが起こす二次トラブル
2017.03.24

笑っている女性肌トラブルにはさまざまな種類があり、それを早期に改善しておかないと、今度は肌トラブルが招く二次トラブルに悩まされてしまうことにもなりかねません。肌トラブルが二次トラブルにつながってしまうと、それを改善するためにはかなりな時間と根気が必要になります。では、どのような肌トラブルが二次トラブルにつながるのでしょうか?

乾燥肌によるターンオーバーは主なトラブルの一つです。周期の遅れ保湿不足、あるいは皮下の美容成分の減少で起こりやすくなるのが乾燥肌です。また、近年では、ダイエットなどによる栄養不足によって起こる乾燥肌に悩まされている方も多いといいます。乾燥肌は、角質層の水分が不足している状態であり、放置していると痒みが現れることがあり、また、放置していると角質層がどんどん厚くなり、ターンオーバーが長引きます。そして、この状態が起こってしまうと、古い角質層が長期間お肌に残ることになり、色素沈着がなかなか改善されなかたり、小じわが目立つことがあります。乾燥肌の自覚がある方は、今すぐに、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合している化粧品でスキンケアを行い、その状態を食い止めておきましょう。

日焼けによる活性酸素の発生もその一つです。紫外線は季節を問わず放射されていますので、うっかり油断をしてしまうと、表皮から真皮層にまで入り込んでしまいます。紫外線にはA波とB波があり、波長が短いB波は、その場でサンバーン(日焼け・軽いやけど状態)を作り出し、短期間でシミを作り出す原因になります。ですが、もっと恐ろしいのが、紫外線A波です。この紫外線はガラスも通り抜ける性質を持ち、その場でサンバーン状態を作り出すことはありませんが、長期間浴び続けているうちに、体内の活性酸素量を増やし、健康な細胞を次々に破壊して行きます。そしてその結果、数年後の経年変化としてシミやしわが現れてくることになります。これを防ぐためには、常に日焼け止めによるスキンケアを行うほか、保湿もきちんと行ってお肌をいたわってあげることが大切です。

乾燥肌や日焼け肌は、ちょっとした工夫で防ぐことができます。ですが、これらによって起こった二次トラブルは、ご自身のスキンケアだけでは改善が難しいこともあり、そのようなときに役立つのが、スキンクリニックでの治療です。スキンクリニックでは、乾燥や日焼けによって起こった、お肌の二次トラブルに対応することができる治療法がたくさん用意されています。
肌トラブルによる二次トラブルが起こってしまったら、セルフケアもちろん大切ですが、スキンクリニックの治療で改善できるということも、頭の隅に入れておくと良いでしょう。

▲ ページトップへ